金屋神明宮 社務所

【金屋神明宮 社務所】
 富山県砺波市庄川町金屋地内

手すり クネットユービック くねくね 波形 金屋神明宮

金屋神明宮 社務所の入り口階段に波形手すりクネットユービックが設置されています。

耐候性に優れたステンレスの波形手すりです。


この金屋神明宮は厄年祈祷祭(厄払い鯉の放流)の奇祭で全国的に有名な神社です。
この奇祭は、1816年(文化13年)3月26日に行われました金屋神明宮の遷宮祭に、昔から「神の化身、庄川の主」とされていた鯉を神饌として供えた際、長時間の神事が終了してもまだ鯉が生きていたことから、この鯉の生命力にあやかるとともに身の厄を託し、御神酒を飲ませて庄川に放流したのが起源とされています。

このように老若男女の多くの人が集まる場所だから、人に優しい波形手すりクネットが好んで設置されます。



>設置箇所一覧に戻る

ユニバーサルデザイン波型手すり「クネット」の資料請求はこちら


・住宅・介護リフォームTOP