木村産業のこれから|木村産業株式会社

木村産業のこれから

HOME » 木村産業のこれから

常務取締役 木村吉秀

これからの100年のために

木村商店、木村組を含め木村産業が1世紀の間、地域と共に歩んでこられたのもひとえに地元地域の多くの関係者に支えられてきたことの賜物だと心より感謝しています。
また、多くの社員の努力の積み重ねが安心と信頼を築いて、今の木村産業があるのだと考えています。
現在、私たちを取り巻く事業環境は急速に変化しています。そのような中で木村産業は、これからもお客様に心から喜ばれるよう更なる研鑽につとめ、新たな取組みに積極的に挑戦してまいります。
今までのように建造物を建設するのみではなく、そこに存在する人々の営みにも関わっていきたいと考えています。
近年、時代の流れとともに、人と人とのつながり、人と社会とのつながりが疎遠になり、地域が分断されているように感じます。地域に活かされてきた私たちは、事業を通じて新たなつながりを創出することをめざし、それはそこに暮らす一人ひとりの心豊かな生活に結びつくと確信しています。
時代の先を見ながら、これからも挑戦しつづけることが私たちの使命です。

アミティエとは

これからの地域

『アミティエ』とはフランス語で「人に対して持つ共感・友情」を意味します。
若い子育て世代が無理なく豊かな人生を送ることができるような街、住人同士がお互い様の気持ちをもって、互いに共感しあいながら暮らせる街。それが私たちが考える『子育て共感コミュニティー・アミティエ』です。

「家」買う時代から「豊かな暮らし方」を買う時代へ

「家」は財産でした。家を持てば一国一城の主として認められました。しかし、家の価値は大きく変わりました。「所有」することよりも「どう使うか!」「何の為か!」が重要な時代です。

アミティエが目指すもの

アミティエ

本当に家が必要な「若い子育て世代」が無理せずに家を持てる仕組み

現在、本当に家が必要な子育て世代が無理せずに支払える金額で豊かな暮らしを提供します。
住宅は、土地、建物、住設、家具、家電、全館空調、太陽光発電(4kw)、外構、駐車場をセットで販売することにより多重債務を負わないよう配慮しました。
この度販売を開始する物件の立地は自然豊かな庄川町金屋地内で、保育所、小学校、児童館、放課後児童クラブ、医院、すべて徒歩5分圏内、15分圏内には中学校、スーパー、ドラッグストア、ホームセンター等があり、子育てには最適な環境です。

子育て共感コミュニティーの創造

アパート等で子育てする母親が子育てノイローゼになるケースが多発しています。子育て中の母親の意識として「疎外感」や「孤独」。『なぜ私ばかりが苦労しなくてはいけないの!!』と悩むことが大きな原因です。
その解決策の一つは同じ境遇の親同士がコミュニケーションを図り語り合うこと、共感することです。
恵まれた子育て環境、無理せずに払える金額の住宅ローン。成長する子どもの教育資金から家族の人生設計までを考えて共感できるコニュニティーを創造します。

アミティエ
アミティエ
アミティエ
アミティエ

限定分譲販売について

 まず「人生設計」セミナーを受講していただき、FP(ファイナンシャル・プランナー)と共に個々人の将来の夢、そして現状の収入や住宅ローン、子育て、更には老後のプランまでの「想い」を計画書にします。その夢や想いに共感できる子育て世代家族にのみ販売します。これが当社が考える『限定分譲販売』です

子育て共感コミュニティー『アミティエ』は、子育て世代が共感しあえる豊かな住まいと生活環境を提供します。

アミティエ

コミュニティタウンアミティエのホームページへ

※年利0.5%・ソーラー売電をした場合の目安です。

pagetop